介護福祉士に受かる方法はどれがいい

介護福祉士は、介護分野での唯一の国家資格です。

国から認められ、かつ高齢者の介護をすることは責務があります。

だから資格自体も、ある程度の勉強をして知識と技術を身につけないと取れないようになっています。

資格の取り方を今では、さまざまあります。

人によって、やりやすい、やりにくいがあると思うので一概には言えません。

代表的な方法を紹介します。

独学で勉強する

独学で勉強して国家試験に受かる方法です。

本屋に行けば、参考書や国家試験対策があります。

まず介護のことを基礎的なことだけでも参考書を読んで知っておくことで、問題にとっかかりや酸いですよ。

糸通り理解すれば過去問を何回もできるまで説くことが大切です。

問題には、パターンがあるはずです。

苦手な問題は、あえて克服しなくても得意な分野でカバーしたほうが効率がいいですよ!!

間違えてしまう問題で、よく出てくるところは苦手克服したほうがいいでしょう。

多く出る問題はパターンが決まっていることは多いです。

何回もやってとけるようにしておきましょう。

問題の答えをセットで覚えるのではなく、説き方を知ることが重要ですよ

通信講座を使う

最近では、介護福祉士も通信講座で取れるようになりました。

通信講座だと、受かるように基礎から応用まで勉強することができます。

さらには、何か月で取れるのようなノルマがあるので目安にもなります。

手が空いてる時間を活用して勉強することで、自宅に居ながら勉強して自分のペースを続けることができますよ。

また、添削をしてもらえるんのでどこを間違えて、説き方のコツやアドバイスをもらうことができます。

一歩ずつ着実に国家資格を取れるように勧めたい人にはお勧めですね。

学校に通う

介護の大学や専門学校に通って勉強する方法です。

基礎から時間をかけて学んでいけるので、ゆっくり丁寧に教えてもらえます。

分からないことや気になったことは、すぐ聞けて解決できます。

一人でするよりも、みんながいたほうが勉強がはかどる方にはお勧めですね。

しかし、学校なので費用が高くなり、通学しないといけないのが厄介かもしれません。

代表的な受かる方法を紹介しましたが、やはり昔からある「学校に通う」が一番受かりやすいかもしれないですね。

一人で勉強していくことが億劫にならない人であれば独学や通信講座をアリだとは思います。

ですが、心が折れてあきらめてしまう人もいます。

どれも最初はわからないことも多いと思いますが、何回もしていると慣れてくるものですよ。

あなたのやりやすい方法を選んでみてくださいね。

介護福祉士は給料アップするが・・・

介護業界2019年には月々8万円の給料アップ

今の介護福祉士の給料は低いと思われています。

給料は20万円にも満たない、施設によっては手取りが15万円ということもあるくらいです。

介護業界でのイメージは、「しんどい・低賃金・サービス残業・人間関係が大変」といったものです。

だから人手が集まらなく、就職しても続かない人が多いのです。

この現状に政府が考えたのが給料アップということです。

勤続年数が10年以上になると、月々8 万円」上乗せするというものが2019年から施行されます。

ですが介護福祉士の平均勤続年数は6年とデータが出ています。

これだと給料アップする意味がありません。

介護離職を減らそうとしているのに、意味がないとも言われています。

実務者研修が増えることになる

平成28年度からは、実務者研修を3年間受けないと介護福祉士になれないようになりました。

最近はニュースでも介護業界でも事件や事故がたびたび取り上げれています。

対策法として、介護福祉士の一人一人の高度な知識や技術を開け目等とする目的があります。

できる仕事も増えました。

サービス提供責任者になれることで、訪問介護をしていけるようにコーディネイトしていく仕事ができます。

ケアマネージャーが作成したケアプランを参考にして、訪問介護計画書の沿ってサポートを進めていきます。

さらには、たん吸引や経管栄養ができるようにもなりました。

これまで医師や看護師しかできなかったのですが、介護福祉士ができるようになったことで食事の時も介護できるようになりました。

これからの介護問題の問題はさらに大きく

これからますます少子高齢化になっていき、介護福祉士の必要性が昨今出てきているのです。

だからこそ、介護離職ゼロを目指して増やして、人材確保にしていかねければいけません。

前述の実務者研修が増えたことで受験者数が減ってしまって、深刻になっていってしまいます。

介護ロボの導入に踏み切っている施設もあって、助けにはなっていますがコストやメンテナンスがかかってしまう問題もあります。

それに、人でなきゃ介護されることを嫌がる高齢者もいるので、今の現状をどう乗り切るべきかもん団は大きくなっています。

介護福祉士は、今では働きながら資格援助してもらえる施設も増えてきています。

給料アップになっているので、安定的な仕事には変わりありません。

あなたも、少しでも興味を持ったなら働いてみることを検討してみてくださいね。

介護福祉士のメリットとデメリット

介護福祉士の仕事にもメリット・デメリットがあります。

一長一短あることで、人によってとらえ方が違うことも当たり前です。

介護福祉士のメリット

国家資格

国家資格というブランドがあることは自慢できることですよね。

信頼性は厚く、賢そう、誠実そうな印象があります。

特に一度取得すれば免許の更新はなくて、ずっと使えます。

また、職場が変わったとしても、どこの施設でも使うことができます。

資格手当がある

介護福祉士の給料は20万くらい手取りが15万くらいのところもあります。

ですが、資格を取ることで給料の上乗せすることは可能です。

資格はいくつもあるので、資格ごとに手当てを付けることができます。

最近では、資格取得を補助してもらえる施設も増えてきているので、頑張り次第で給料はアップします。

管理職につきやすい

国家資格ということで、経験と実績を積み事で管理職に就くこともできます。

管理することで、誇りも持って仕事に取り組めることができて、やりがいも感じることができます。

役割分担を見なすことでも、仕事に効率化を図れることもあります。

仕事はたくさんある

介護業界は、人材不足になっています。

だから資格があれば未経験でもブランクがあっても就職できやすいです。

これからも少子高齢化でますます需要があって、仕事はたくさんあります。

介護福祉士のデメリット

給料が低い

前述のように資格手当がなければ、給料が低いといえます。

つまり仕事をしつつ資格をとるために勉強が必要になることになります。

給料を上げるには、実力ではなく常に勉強していかねければいけません。

責任感が重い

最近では、ニュースでも介護の時間や事故が多く取り上げらています。

その際に、誰が悪い、見ていなかったと罪のなすりつけあいにもなってしまうことで責任感が重いといえます。

人間関係が悪くなったり、連携のミスにもなりかねます。

疲れがたまりやすい

高齢者のベットの起き上りや入浴の際は、抱きかかえたり背負ったりするので力作業になります。

これが毎日の業務となると、疲れがたまりやすくなります。

疲れが抜けないままになって、倦怠感やだるさが残ってしまいます。

家庭と仕事の両立が難しい

結婚をすれば家事のことをして、仕事と両立が難しくなってしまいます。

さらには、両親の介護も必要になってくると、仕事を辞めてしまう人も多くなります。

その職業でもメリット・デメリットは必ずありますが、デメリットをどのように乗り越えていくことができるのかが仕事を続けていくために大切になりますよ。

介護福祉士は結婚できる

介護福祉士が、結婚に不安に思うこと

20代に入ると周りの友人や知人も結婚ラッシュに沸いて次々に結婚していくことも多いのではないでしょうか?

介護福祉士は、結婚に対して不安に思うことはいくつかあります。

給料が低い

結婚すると、一人で生活わけではなく家族を養っていかなければいけませんよね。

となると生活費の問題はありますよね。

介護福祉士は、他の職業に比べて平均で150万も給料が低い約320万円になってしまいます。

月収だと月に20万円もいかなく、15万も手取りがもらえていないケースもあります。

政府は、実務者研修を追加して賃金の底上げをしていますが現状に変わりはありません。

休みが取れない

人材不足にこともあって急に出てほしいこともよくあることです。

そうなると、結婚しても決まった休みが取れなくなって、プライベートの時間が難しくなってしまいます。

女性が多い

介護業界は女性職員が多い傾向にあります。

男性だと結婚もできるでしょうが、女性だと男性職員が少ないことで職場での出会いが少ないのです。

介護する相手も高齢者なので身の回りでの出会いは難しいといえますね。

出会うとすれば職場以外で出会うことになり、コンパやイベントに参加する必要になります。

しかし、前述のように休みが取れないことで、出会いを求める場所にも行く時間がないことにもなります。

介護福祉士を含めた介護職員は、結婚が難しい状況に置かれてしまうことは間違いないといえます。

ですが、結婚をあきらめることもありません。

介護福祉士は結婚できる

給料が低いのであれば、共働きすれば生活費は十分確保できます。

結婚は、夫婦で力を合わせて生活できればいいので、共働きに賛同してもらえる人を探せば別に問題はありません。

逆にわかってもらえないとなると、今後の夫婦生活にも溝が生まれやすくなるので結婚しないほうがいいかもしれませんね。

もしくは、いずれかの実家に住ましてもらえれば、賃金や光熱費の節約にもなるかと思います。

休みも毎日呼び出しがかかるわけではないので、ある融通が利く彼氏、彼女を見つければいいだけの話です。

休みが取れにくいことも事前に理解してもらっておくことが大切ですね。

出会いの場も、「この日だけは休みたい」希望が月に1、2回だと会社も融通を利かしてくれることもあります。

仕事優先の生活にはどうしてもなってしまいますが、夫婦や会社に理解してもらえるようにしてもらうだけでも結婚しやすい環境に近づきますよ。

介護福祉士になるには研修がふえた

介護福祉士の必要性について

今の日本は、少子高齢化になっています。

そして今後は3人に1人が高齢者で埋め尽くさてしまう日本になってくることが予想されています。

若年者の減って、高齢者の割合が増えることで仕事をする人が少なくなってしまいます。

日本は、若者が働いたお金が、高齢者の年金となって生活を支えています。

ですから若者のニーズは、これから増す一方なんです。

その一つの職業に「介護福祉士」がいます。

介護福祉士は、老人ホーにんずム・介護施設・老後施設など様々は場所で働くことができます。

しかし、紹介した少子高齢化の影響で働く若年者が減る一方で、高齢者が増えています。

だから、職員の人材不足になってご自宅で介護することを強いられている人もいるのです。

また、介護での事件や事故は、ニュースや新聞などでもたびたび取り上げられていて社会問題になっているのです。

職員の一人一人が、高齢者も大事することも自覚してもらおうと、介護福祉士の仕事の必要性もさらに増しています。

そのために、介護福祉士になるためにカリキュラムが増えたのです。

研修制度が増えた

平成28年度から介護福祉士になるためには、新たに3年実務者研修を受けなければいけことになったのです。

これは、実践的な知識や技術を目的に制定されたものです。

一人一人がしっかり、時間を持って仕事をできるように作られのです。

これによってできる仕事ができました。

それが、たん吸引と経管栄養です。

これまでに医師や看護師しかできなかったことが介護福祉士ができるようになったんです。

高齢者に寄り添った介護ができるようになったのではないでしょうか?

食事の時に、咳きこんだり飲み込めなかったりすることはよくあることです。

その時に、素早く対処できますね。

これは、人件費を節約する効果を期待できるのではないでしょうか?

実務者研修が増えたことで、介護福祉士になるための時間と費用が掛かってしまうようになったことも問題あります。

だから、国家試験合格率は増えたものの、なりたい人が減ってしまっているのです。

資格は取れる

以前は、資格を取るためには学校に通って取らなければいけなければいけませんでした。

めんどくさいし、時間が無駄という人も多かったのです。

最近では、資格を取るためにバックアップしてもらえる講座も増えてきています。

一例をあげると、かいご畑があります。

ここは働きながらでも、自分のペースで資格が取れるので簡単ですよ。

また、施設によっては働きながら資格を取れるようにフォローもしてもらえるところもあります。

今後、介護福祉士の仕事は必要性が出るばかりです。

あなたの、力を介護業界で活かしてみませんか?

介護福祉士がデイサービスで働いてみる

デイサービスとは

自宅で介護される利用者が、昼間だけ過ごす場所がデイサービスです。

デイサービスでは、主に安心して過ごすことができるように身の回りのサポート、レクリエーションをします。

レクリエーションすることで、利用者が楽しい時間を過ごすだけではなく、認知症の予防にもなります。

無理にさせる必要はありませんが、できるだけ頭を使うことで、脳が活性化されて予防になるのです。

そうすると、自宅での介護する家族の負担が少しでも楽になりますよ。

リハビリの一環でもあり、医師・看護師・作業療法士・社会福祉士などの職員と協力して、介護福祉士としてサポートしていくことが大切になります。

デイサービスでの仕事内容

デイサービスでは、介護福祉がどんなサポートをしていくのか理解していなければ、利用者が安心することはできません。

利用者の送り迎え

昼間だけ、デイサービスで時間を過ごすことになって、介護者は送り迎えが必要になります。

介護者によっては、施設に行くのがしんどくて行きたくないという方もいます。

だからこそ、元気よく明るく声をかけることで気持ちが変わることもあります。

施設では、食事や入浴、着替え、排せつ、歯磨きなどのサポートもしていきます。

サポートして、楽しく過ごして「明日も明後日」もきたいと思ってもらえるようにすることが大切ですね。

精神面のサポート

施設の空気や雰囲気になじめない介護者もいます。

また、介護されることに不安や恐怖に持っている人もいます。

ですので、会話をして安心させなければいけません。

「どんな言葉をかけてあげるといいのか」「何をしてほしいのか」介護者の気持ちを考えてサポートすることが大切です。

レクリエーションをしたくない人もいますが、できる参加してもらうことで介護予防になります。

精神面のサポートからしていくことで、安心して楽しく過ごしてくことができますよ。

リハビリ

介護するのは、リハビリも兼ねています。

看護師が作成したケアプランも基に、介護福祉士ができることを考えていかなければいけません。

介護される前の生活になるべく近づけれるようにサポートすることが必要です。

その時、無理やりしても嫌がって、する意味が薄れてしまうので「リハビリを頑張りたい」と思ってもらうことが大切なのです。

デイサービスは、介護者と一日過ごす時間は短いですが、介護福祉士は何ができるのか、介護者の気持ちを考えてサポートをすることが求められるのですね。

介護福祉士は楽な仕事といえない

あなたは、介護福祉士の仕事はどんなイメージがありますか?

高い技術と知識が求まられて、精神的に疲れて楽な仕事とは言えないのです。

だからこそ、アルバイトから始めてみることがオススメです。

今回は、介護福祉士の現状や働き方に迫っていきます。

介護福祉士は楽な仕事といえない

介護福祉士の仕事は決して楽な仕事ではなく、重労働といえます。

なぜならば、介護者は体が不自由で思う通りに動かないないから、付きっきりのサポートになるからです。

言葉が上手く話せない人には、何をしたらいいの考えてのサポートが必要になります。

高齢者も、介護されることには不安があります。

なんでもかんでもサポートされてしまうと嫌な気持ちになることもありますし、なるべく一人でやりたい人もいます。

高齢者の気持ちを考えて行動することも必要なのです。

初めて介護されることにストレスや不安を抱えている人もいます。

だからこそ、思いやりの気持ちも持って仕事をしていくことが求められるのですね。

介護施設は、全国で12万5千以上の施設があります。

その中には、軽度~重度の介護を必要としていて、施設によって分類されます。

大人一人を介護することは、予想以上の負担になります。

過去の病歴や通院歴、服用している薬、性格を資料を基にしてケアプランを作成してきます。

看護師や社会福祉士・介護福祉士などの職員が情報共有していかなければいけません。

情報が足りなければ、ご自宅に訪問してご家族に詳しく性格や楽しいことや嫌がることも聞いたりします。

高齢者が、より良い生活ができるようにサポートしていくのです。

そのためには、専門的な知識を活用していきます。

介護の中心に立つのが介護福祉士なのです。

だから、精神的にも疲れてあなたも使うので、楽な仕事とはいえなのです。

アルバイトから始めたほうがいい

介護業界は、圧倒的な人材不足になっています。

それは少子高齢化に伴って、利用者が増えて介護職員の仕事量が増えています。

仕事が増えることによって、精神的にダウンして辞めていく人も多くなっています。

さらには、平成28年度からは高度な技術と知識も身に付ける「実務者研修」が始まっています。

仕事内容も増えてまずます需要のある仕事になっているのです。

もちろん給料を高くなっていますが、最初から正社員で入ると予想以上のしんどさに辞めてしまう可能性が高くなります。

紹介したように、介護福祉士の仕事は高齢者に対する思いやりの気持ちを持って、サポートしていく高い技術と知識が求められます。

だからアルバイトから始めていくこともオススメです。

アルバイトなら、時給も高いこともあり働く時間も短いので、ちょっとは気持ちが楽になりますよ。

施設にとっては、資格取得費用を負担してくれたりもしてくれます。

介護福祉士は今後どうなるのか気になる

あなたは、介護の将来を考えたことはありますか?

介護福祉士は、介護をするうえでなくてはならない仕事です。

aiによって仕事が奪われていっている職業もあります。

今回は、介護福祉士の仕事や将来性に迫っていきます。

介護福祉士の仕事

介護福祉は介護のエキスパートの仕事です。

介護は、運動介護、生活介護、精神面のメンタルケア、相談・支援、チームマネージメント業務に分類されます。

これまで歩行や食事・入浴・排泄、歯磨きといった一人でできていたことが困難になるのです。

できなくなることで一番気を付けなければいけないことは、メンタルケアです。

やはり、一人でできていたことがサポートしなければ生活できなくなることはショックです。

食事が喉を通らなかったり、何をする気になるない高齢者も多いです。

少しでも、これまで通りのように生活できるようにサポートすることが大切です。

例えば、歩行が難しくからといって車いすで移動すのではなく、歩けるように練習やリハビリをして改善できることはしていくことが求められます。

精神状態が不安な方には、なるべくコミュニケーションを取ってあげたり、地域交流にさせることも大事なのです。

そのためには、一人一人の高齢者の気持ちを理解しなければいけません。

どういった介護をしていくのか、高齢者の通院歴や病歴、服用している薬、性格、などを基にケアプランを作成する。

情報が足りていないなら、自宅の訪問して家族に詳しく聞く。

それを職員一同で情報共有していくことが、より良い介護につながっていくのです。

その中心で働いていくことが介護福祉士の仕事なのです。

今後はどうなるの?

介護の業界は人手不足になっています。

その原因としては、少子高齢化が進んでいることで高齢者の増加や施設の足りていないことになっているのです。

将来、仕事が少しずつなくなっていくといわれています。

レジ打ち、工場、営業、ドライバ・・・

少しずつaiロボットに仕事を奪われていくといわれています。

2045年にはaiに仕事が支配されるともいわれています、介護福祉士の今後はどうなるのでしょうか?

介護は、aiがやれることはあります。

すでに、取り入れている施設もあります。

これにより、スタッフの仕事の負担が減っていることには間違いありません。

ですが、ロボットは人間のように、温もりがない嫌がる人もい多いのではないでしょうか?

介護は、心と心の通じ合いがあるからこそ人間がやることで意味があるのです。

だからこそ、仕事の軽減には役立ってくるとは思いますが、介護福祉士を含めた回以後の仕事がなくなることはないと考えられます。

介護するためには、思いやりの精神が必要です。

あなたの貴重な力を介護業界は求めているので、なってみませんか?

介護福祉士はプロ意識がある

あなたは、介護問題はどう思いますか?

介護で起こる事件・事故はニュースでも頻繁に取り上げれいます。

それは、一人一人にプロ意識が欠けているのです。

今回は、起こってしまう原因と介護福祉士のプロ意識に迫っていきます。

介護で起こる問題

介護の問題は最近よくニュースや新聞で取り上げられることが問題となっています。

殺人、火災、暴行など・・・

身体を不自由な高齢者を狙った悲惨は事件が起きています。

その時に、家族はどう思うでしょうか?

せっかくお金を出して施設に預けているのに、それが事件に巻き込まれると信用して預けることができなくなります。

確かに、介護の仕事もしていると高齢者は、話しても理解できなくなったり同じ過ちを繰り替えることが多いです。

そのことが日に日に増して、ある時に爆発してしまうことが多いです。

それは、働く前からわかっていることで、研修や指導もして徹底されているはずなのに事件・事故になってしまうのです。

そもそも、なぜ起きてしまうのでしょうか?

なぜ事故が起こる?

事故が起きてしまう原因は、介護業界に問題もあります。

無資格で働ける

介護で働くには、無資格でも働くことができます。

訓練やケアプランの作成などの専門的な業務はできないけど、食事や歩行の解除、身の回りの手伝いであればすることができます。

高齢者と話す機会があり、そこでのちょっとした言動や態度が腹を立ててしまうのです。

人手不足

介護業界も、専門的な知識がある職員だけでやりたい・・・

さらに教育や指導を徹底しなければ、安全な介護社会を作ることはできないことは分かっています。

しかし、少子高齢化により介護の職員が足りてなくて、人手不足に陥ってるのです。

だからなんとか仕事も回せるように無資格の人でも働ける人だったら雇ってしまうのです。

もちろん、無資格な人だけが事件・事故を起こしてしまうわけではありません。

国家資格を持っている介護職員でも起こす可能はあります。

介護福祉士はプロ意識がある

介護福祉士や、看護師、社会福祉士は学校で専門的な知識や技能も身に付けています。

高齢者の立場に立った考え方や接し方を理解できていることが多く、プロ意識が無資格の人よりかはあります。

だから、高齢者に気に食わない言動や行動をされても、どうしたらいいか分かっています。

ですが、人手不足で有資格者だけでは仕事は回らない現実があるのです。

高齢者にとっては、職員全員がプロなのです。

一人一人が、高齢者の立場にあって責任ある仕事をしてプロ意識を高めることが大切なのいです。

介護福祉士の実務者研修とは

あなたは、実務者研修を知っていますか?

介護福祉士になるために、平成28年から義務化されたものです。

さらには、業務を増えることになりました。

今回は、実務者研修とは何か、業務が増えた背景の理由に迫っていきます。

実務者研修とは

介護福祉士は、高齢者のケアをしていってより快適に安心して暮らしていけるようにサポートをしていきます。

一言に介護といっても、食事介護、生活介護、心のケア・相談、マネージメントと様々な仕事に分けられます。

利用者も、介護されることには不安があります。

知らない人に介護されるので、まずあなたが高齢者のことについて知っておく必要があります。

過去の病歴、通院歴、飲んでる薬、性格、人柄などこと細かな情報が必要です。

それは、一人一人に合ったサービスを提供するためのものです。

事故で多いことがベットからの転倒です。

一人でできると思ってベットから移動しようとすると、手足が思うように動かなくてベットから転倒しようとしてしまうのです。

高齢者も自分でできると思うからこそ、あってしまうのです。

そのような事故が起きないためにも、介護福祉士の仕事内容は重要視されています。

だから平成28年に介護福祉士国家資格を取るためには「実務者研修」が義務化されたのです。

実務者研修とは、3年以上の実習を重ねて、より高いサポートができるように技術と知識を習得を目的としています。

この研修ができることでさらなる仕事も増えました。

他にもできる仕事が増えた

介護をするうえで必要になってくる仕事も、追加されました。

サービス提供責任者

サービス提供責任者とは、訪問介護して、コーディネイト業務する仕事です。

訪問介護事業所では、一人は配置するように義務化されています。

ケアマネージャーが作成したケアプランを参考に、訪問介護計画書を作成して、計画に沿って介護ができるようにしておかなければいけません。

そのためには、ミーティングをして、看護師、介護福祉士、社会福祉士などの職員で話し合いを重ねて計画書を作成していくことが必要になります。

たん吸引と経管栄養

これまで医師や看護師にしか認められなかった業務が、介護福祉士にも認められるようになりました。

たん吸引や経管栄養ができることで、介護、医療の分野からも高齢者をサポートできます。

食事の際に、たんが詰まる、食事がのどを通らないことにも対応できるようになったことで高齢者に寄り添ったサポートができますね。

紹介してきたように、実務者研修が加わったことで介護福祉士の業務の幅が増えることになりました。

それは、介護の仕事がより一層重要視されたことにもなるのです。

介護福祉士になるには暗記も必要

介護福祉士は、介護する仕事です。

利用者の気持ちに寄り添った、思いやることが大事になります。

そのためには、国家資格を取るために暗記しなければいけません。

今回は、介護福祉士としてやるべきことや暗記する必要性に迫っていきます。

介護福祉士は国家資格

介護福祉士は、高齢者や体が不自由で手足が思うように動かなくてサポートを必要としている人を介護する仕事です。

そのためには、サポートするだけではなくQOL(生活の質)を考えていきながら、ケアプランを作成することも大切になります。

どうしたら毎日が少しでも楽しく・喜んでもらえるかも考えなければいけません。

職員の方と協力して、過去の通院歴や病歴、性格などを知っておくことが必要です。

また、分からなければお宅訪問して、ご家族の方に具体的に聞いたりすることもあります。

また、利用者が不安なことや悩みなどにも耳を傾けてあげたり、会話をしてあげることでリラックスして・安心して生活することができます。

このように介護を中心として仕事する職種が介護福祉士です。

介護福祉士は、介護の中での唯一の国家資格になるのです。

思いやりが大事

介護福祉士に求められることは、利用者の立場にあったサポートができる思いやりに気持ちが大事になります。

利用者は、思っている以上に不安や悩み、恐怖感があります。

知らない介護施設や、老人ホームで生活するわけでもです。

思い通りに体が動かない、話すことができない高齢者のために何ができるのかを考えて行動しなkれ場いけません。

例えば、食事の時もつっききりでサポートしなければいけないのか、一人で食べたほうがリラックスしてもらえるのか分かってあげなければいけません。

また、専門的な知識からも指導することが必要です。

資格を取るためには暗記が必要

介護業界では、資格がなくても「ヘルパー」として働くことができます。

しかし介護福祉士は国家資格です。

人の尊重や精神などの知識は、暗記して覚えていかなければいけません。

知識に欠けていたら、具体的な方針を考えることができずに、利用者を不安にさせることにもつながります。

暗記して、国家資格に合格して実技試験も突破することで「介護福祉士」になることができます。

ペルパーと介護福祉士ではできることも違ってきますし、国家資格なるためには暗記していくことが必要になります。

そして、利用者を安心して見てもらえるように思いやり気持ちも身に付けていきたいですね。

介護福祉士とはどんな仕事なのか知りたい

あなたは介護福祉士は、どんな仕事だと思いますか?

ざっくりいえば介護を中心とした、生活をするためにサポートしていく仕事なのです。

今回は、介護福祉士の具体的な仕事内容を紹介していきます。

介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護をする仕事で唯一の国家資格です。

専門的な知識と高度な知識を身に付けたうえで、一人で生活していくには困難な人をサポートしてしていく仕事です。

入浴や食事、排泄など今まで当たり前にできていたことができなくなることは人間にとってはつらいものです。

だから、生活面だけではなく心のケアをしていかなくてはいけません。

高齢者からの気持ちをくみとって、「何をしてあげたらいいのか、どんなことをしてほしいのか」できることも大切なのです。

そして、喜んでもらったり感謝されることがこの仕事のやりがいの一つになるのです。

具体的にどんなことをするのか知りたい

介護をするといっても、さまざまなことをサポートしていくことになります。

実際にどんな仕事があるのか紹介していきます。

身体介護

入浴、着替え、歯磨き、排泄など一人で難しい高齢者のサポートをしていきます。

また、一人で歩くことが困難な人には、手を引いて歩いてあげたり車いすを使っての補助したりもします。

高齢者は、いつ何をしてかすか分からないので、常に行動を見守っていかなくてはいけません。

例えば、認知症や脳に障害がある人などは時に気を付ける必要がありますよ。

生活支援

食事や洗濯、掃除、買い物など生活するうえで必要不可欠なことをサポートしていきます。

体が弱っていくなかでも、少しでも笑顔で生活していけるようにしていくことが必要です。

そのためには、高齢者の気持ちを理解して、何をしてあげたら喜ぶか、どうしたらいいのか考えていくことが大切です。

心のケア・相談

高齢者の方は、やりたくても体が思うように動かなくてできないことが多いです。

だからこそ、精神的にダメージを受けています。

話し相手になってあげることや、レクリエーションなど交流に参加させることでも安心してもらえます。

そこから、介護者と家族に今後の方針を相談して決めていくことも、介護福祉士の重要な仕事に一つです。

「訪問介護計画書」の作成

訪問介護計画書には、訪問介護の方にどのようなサービスを提供していけばいいのか作成するものです。

ケアマネージャのケアプランを基に、サポートしていきます。

それを当事者と家族の方に、説明して同意してもらわなけれないけません。

紹介したように、介護福祉士の仕事は、高齢者の生活を第一優先して方針を決めていく重要な仕事なのです。

大変なこともありますが、やりがいのある仕事だと感じませんか?

介護福祉士の年収ってれくらいなの?

あなたは、介護福祉士の年収はどれくらいだと思いますか?

国家資格のわりには、最初はあまりもらえません。

ですが、年々給料が上がっていく職業の一つです。

今回は、介護福祉士の年収や増え方に迫っていきます。

介護福祉士の給料はどれくらい

介護福祉士は、介護のなかでの唯一の国家資格です。

どんな仕事をすると思いますか?

介護全般的にするわけなのですが、具体的にいうと食事や入浴などの介護のサポートを主として、利用者や家族からの相談、生活で行き届かないための世話といったことになります。

ハッキリ言えば体力的な部分が多いかと思いますが、一番は高齢者の喜ぶ笑顔ではないしょうか?

では肝心の給料はどれくらいかと言いますと、年収は250万〜400万くらいです。

月収だと20~30万くらいになりますよ。

最初聞いたときは低いように思ってしまうかもしれません。

それは、体力面もしんどくて、国家資格でせっかくとってもその価値がないと思ってしまうようです。

確かに、これだけ見れば苦労した割には少ないように感じてしまってㇺ無理はないですね。

ですが、介護福祉士は年々昇給していく仕事でもあるのです。

低いように感じることもある

国家資格なので、残業代や休日手当、夜勤手当などはついていきます。

これらは、慣れてきたら付いてくるので給料が上がっていくのです。

最初は、どうして低いなと感じてしまうかもしれませんが、辛抱なのです。

もちろん、仕事がハードはことはありますが、ブラック企業なところはなく、忙しく働いたら休みをもらえることが多いです。

他種では、年数を重ねても上がらないことも多いですが、介護福祉士は年々上がっていきます。

そのためには、人を助けたいという気持ちが一番大事なのかもしれません。

もちろん、高齢者からの言われたことに腹の立つことや傷つくことがあると思います。

そこをどう乗り越えていくかってことも、この仕事の難しいことですね。

サービス業なので、やりがいを感字を見つけつつ、年収はそれに応じてくっついていると考えたほうがいいのかもしれませんね。

つまり、最初は低いように感じるかも知れないけど、年々上がっていくので仕事を続けていくことが大切です。

介護福祉士の実務者研修って何?

あなたは、介護福祉士になるために実務者研修があることを知っていましたか?

これは、平成28年と最近できました。

仕事をするうえで、大事な役割があったのです

今回は、実務者研修をする意味や仕事内容に迫っていきます。

実務者研修って何のためにあるの?

以前は、実務研修を受けなくても介護福祉士の資格が取れていました。

しかし平成28年度から実習者研修が義務化されました。

介護する人にとって、高いサービスすることにより専門的な知識と技術の向上が必要になりました。

少子高齢化の時代になってきて、多くの人材が必要となり介護や認知症のケアやサポートをするための、スキルや実践力を養うことが大切になってきたのです。

3年間の実務研修に加えて実務研修ができないと「介護福祉士」の資格が取得できないことになってのです。

実務者研修は450時間以上、原則6か月、費用も12~13万くらいかかってしまいます。

これによって、試験を受ける人が半数に減っています。

決して意見の難易度が高くなったわけではなくて、実習者研修を受けるコストと時間があるので、受験者が減っていることになってます。

だから、それだけ資格を取ることに時間がかかってしまうことがあるんどです。

かといって実務者研修をのけてしまうと、介護することに危険性が出てくる可能性があるから、のけることができない現状もあります。

この研修を受けることで、サービス提供責任者の資格を取れることにことになったんです。

サービス提供責任者にもなれる

サービス提供責任者とは、介護者の「訪問介護計画書」を作成して、どのようにサポートしていけばいいのか考えていく訪問介護サービスのことです。

ケアマネージャーの方のケアプランを基づいて、サポートしていきます。

最初に介護する人に対してサポートする手順をミーティングします。

そこにサービス提供責任者の方も同席する必要があるのです。

そこでサポート案がまとまれば、当事者と家族に説明して同意いただいてからのサポートになるのです。

たんの吸引や経管栄養もできる

これまで医師や看護師以外には認めれれなかった、たん吸引や経管栄養が平成24年から認められるようになりました。

より介護福祉士の仕事が加わったことにより、介護者に寄り添ったサポートができるようになったんでしょうか?

人材不足に苦しんでいる職業の一つですが、今後の将来にはなくてはならない仕事に注目されている介護福祉士。

実務研修が加わったことで、資格取得が今まで寄りかかってしまいますが、やりがいの仕事だと思います。

あなたも、目指してみてはどうでしょうか?

介護福祉士の合格率はどれくらいなの?

介護福祉士の合格率は気になりませんか?

合格率はアップしているものの、受験者数は減っています。

今回は、合格率の傾向と介護福祉士のニーズを紹介していきます。

合格率はアップしたが受験者数は減った

これからはの日本はご存知の通り、少子高齢化になっています。

子供が少なってきて、高齢者が多くなってきている現状にあります。

だから、生まれてくる子供が少なくなくなってきているので、日本の人口へ減少傾向になっています。

高齢者が増えてるということは、介護しなければいけない人が増えてくるということですね。

そこで、これからの仕事で重要になる一つが「介護」になります。

介護の国家資格には介護福祉士があります。

これからの需要が増えるようにも思えますが、今受験や数が減っています。

それは、資格を取得するために「実務者研修の受講」が必須になったからです。

時間と費用がかかることによって、受験者数が半分くらい減った傾向があります。

一方で合格率は、70%以上と以前よりも高くなっています。

資格を取ることが難しくなった現状

難易度が高くなったのではなく、時間と費用が掛かるように酔ったからです。

実務者研修が、加わったのは高い技術にして高待遇にしたことが大きな要因です。

最近の、高齢者の介護事故や管理問題などニュースでも取り上げられていることが多くなりましたよね。

これを改善するには高い技術が必要と考えられたのかもしれません。

実務研修は450時間と原則6か月もかかってしまうのです。

金額は平均10~20万くらいと決して高くはありませんが、習得する科目や実技が厳しくなっているようです。

なので、資格を取るために時間と費用が掛かることが受験者数が減っているのです。

しかし、紹介したように日本は少子高齢化社会になって、今もなお人手不足に苦しんでいる施設は多くあります。

だから、就職に困ることはないはないといえますね。

まとめ

  1. 筆記試験の難易度は変わっていないが、「実務者研修の受講」になった
  2. そのために受験者数は約半分になって傾向にあるが、合格率70%と高くなっている
  3. 実務研修は、高い技術の習得と高待遇にする狙いがあるが、450時間と原則6か月以上かかってしまう
  4. でも、少子高齢化のことを考えるとニーズがある職業の一つである

 

介護福祉士の資格を取りたいなら

あなたは、介護福祉士の資格の取り方を知っていますか?

大きく分けて4つに分かれていて、取り方をやり方次第な部分があります。

今回は、介護福祉士の資格の取り方を紹介していきます。

介護福祉士の資格を取る方法

介護福祉士は、介護の中での唯一の国家資格となります。

取り方を様々あるので紹介しておきます。

大学・専門学校に通う

高校を卒業して、大学もしくは養成施設に通って資格を取る方法が一般手です。

介護福祉養成施設であれば、2年間の通う必要があります。

あるいは、大学や社会福祉・保育士の養成施設に通うと1年間の介護福祉養成施設に通うことになります。

そこから筆記試験を受けることで資格取得になります。

もし不採用になれば、実務経験5年以上あれば資格取得ができるようです。

介護福祉系の高校に通う

平成21年からできたもので、高校のカリキュラムに入れることで、卒業して筆記試験を受けることができます。

特例高校の場合には、9か月以上の実務経験を積みないといけません。

さらには、特例高校と旧カリキュラム(平成20年以前の場合)は、そのあとの介護実習か実務試験を受けてから、筆記試験を受けることになります。

実習してから取る

実務経験3年以上のある場合は、実務研修終了扱いになります。

だから、実務研修が免除となり筆記試験をそのまま受けることができて資格取得になります。

もしくは実務経験3年以上うある場合は、介護職員基礎研修プラス喀痰吸引等研修があれば、実務研修が免除となり筆記試験を受けることができます。

協会から取る

経済連携協定(EPA)プラス実務経験3年以上あると、介護技術講習と実務研修も受けることで、筆記試験を取れます

もしくは、介護技術講習と実務研修を受けない代わりに筆記試験を受けて、実務試験を受けて資格取得になります。

以上、介護福祉士の資格をちゅ得するには4つのパターンがありますので、あなたのやりやすい方法で取ることが良い地番だと思います。

なお、養成施設も卒業して平成33年までは国家資格がなくても場合、5年間は資格なしでも働けます。

この間に、国家試験の合格するか、継続してかいごの仕事を続けることで資格取得となります。

ですが、平成34年以降は国家資格がなければ仕事をすることがでいなくなります。

紹介してみると、取ることに大変さがあることが分かりましたが、今後の需要のある仕事になることがありません。

それは、高齢化社会のなって高齢者が増加することを考えればなくてはならないからです。

この機会に、介護福祉を目指すことを検討してみたはどうでしょうか?