介護福祉士の実務者研修って何?

あなたは、介護福祉士になるために実務者研修があることを知っていましたか?

これは、平成28年と最近できました。

仕事をするうえで、大事な役割があったのです

今回は、実務者研修をする意味や仕事内容に迫っていきます。

実務者研修って何のためにあるの?

以前は、実務研修を受けなくても介護福祉士の資格が取れていました。

しかし平成28年度から実習者研修が義務化されました。

介護する人にとって、高いサービスすることにより専門的な知識と技術の向上が必要になりました。

少子高齢化の時代になってきて、多くの人材が必要となり介護や認知症のケアやサポートをするための、スキルや実践力を養うことが大切になってきたのです。

3年間の実務研修に加えて実務研修ができないと「介護福祉士」の資格が取得できないことになってのです。

実務者研修は450時間以上、原則6か月、費用も12~13万くらいかかってしまいます。

これによって、試験を受ける人が半数に減っています。

決して意見の難易度が高くなったわけではなくて、実習者研修を受けるコストと時間があるので、受験者が減っていることになってます。

だから、それだけ資格を取ることに時間がかかってしまうことがあるんどです。

かといって実務者研修をのけてしまうと、介護することに危険性が出てくる可能性があるから、のけることができない現状もあります。

この研修を受けることで、サービス提供責任者の資格を取れることにことになったんです。

サービス提供責任者にもなれる

サービス提供責任者とは、介護者の「訪問介護計画書」を作成して、どのようにサポートしていけばいいのか考えていく訪問介護サービスのことです。

ケアマネージャーの方のケアプランを基づいて、サポートしていきます。

最初に介護する人に対してサポートする手順をミーティングします。

そこにサービス提供責任者の方も同席する必要があるのです。

そこでサポート案がまとまれば、当事者と家族に説明して同意いただいてからのサポートになるのです。

たんの吸引や経管栄養もできる

これまで医師や看護師以外には認めれれなかった、たん吸引や経管栄養が平成24年から認められるようになりました。

より介護福祉士の仕事が加わったことにより、介護者に寄り添ったサポートができるようになったんでしょうか?

人材不足に苦しんでいる職業の一つですが、今後の将来にはなくてはならない仕事に注目されている介護福祉士。

実務研修が加わったことで、資格取得が今まで寄りかかってしまいますが、やりがいの仕事だと思います。

あなたも、目指してみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です