介護福祉士に受かる方法はどれがいい

介護福祉士は、介護分野での唯一の国家資格です。

国から認められ、かつ高齢者の介護をすることは責務があります。

だから資格自体も、ある程度の勉強をして知識と技術を身につけないと取れないようになっています。

資格の取り方を今では、さまざまあります。

人によって、やりやすい、やりにくいがあると思うので一概には言えません。

代表的な方法を紹介します。

独学で勉強する

独学で勉強して国家試験に受かる方法です。

本屋に行けば、参考書や国家試験対策があります。

まず介護のことを基礎的なことだけでも参考書を読んで知っておくことで、問題にとっかかりや酸いですよ。

糸通り理解すれば過去問を何回もできるまで説くことが大切です。

問題には、パターンがあるはずです。

苦手な問題は、あえて克服しなくても得意な分野でカバーしたほうが効率がいいですよ!!

間違えてしまう問題で、よく出てくるところは苦手克服したほうがいいでしょう。

多く出る問題はパターンが決まっていることは多いです。

何回もやってとけるようにしておきましょう。

問題の答えをセットで覚えるのではなく、説き方を知ることが重要ですよ

通信講座を使う

最近では、介護福祉士も通信講座で取れるようになりました。

通信講座だと、受かるように基礎から応用まで勉強することができます。

さらには、何か月で取れるのようなノルマがあるので目安にもなります。

手が空いてる時間を活用して勉強することで、自宅に居ながら勉強して自分のペースを続けることができますよ。

また、添削をしてもらえるんのでどこを間違えて、説き方のコツやアドバイスをもらうことができます。

一歩ずつ着実に国家資格を取れるように勧めたい人にはお勧めですね。

学校に通う

介護の大学や専門学校に通って勉強する方法です。

基礎から時間をかけて学んでいけるので、ゆっくり丁寧に教えてもらえます。

分からないことや気になったことは、すぐ聞けて解決できます。

一人でするよりも、みんながいたほうが勉強がはかどる方にはお勧めですね。

しかし、学校なので費用が高くなり、通学しないといけないのが厄介かもしれません。

代表的な受かる方法を紹介しましたが、やはり昔からある「学校に通う」が一番受かりやすいかもしれないですね。

一人で勉強していくことが億劫にならない人であれば独学や通信講座をアリだとは思います。

ですが、心が折れてあきらめてしまう人もいます。

どれも最初はわからないことも多いと思いますが、何回もしていると慣れてくるものですよ。

あなたのやりやすい方法を選んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です