介護福祉士の資格を取りたいなら

あなたは、介護福祉士の資格の取り方を知っていますか?

大きく分けて4つに分かれていて、取り方をやり方次第な部分があります。

今回は、介護福祉士の資格の取り方を紹介していきます。

介護福祉士の資格を取る方法

介護福祉士は、介護の中での唯一の国家資格となります。

取り方を様々あるので紹介しておきます。

大学・専門学校に通う

高校を卒業して、大学もしくは養成施設に通って資格を取る方法が一般手です。

介護福祉養成施設であれば、2年間の通う必要があります。

あるいは、大学や社会福祉・保育士の養成施設に通うと1年間の介護福祉養成施設に通うことになります。

そこから筆記試験を受けることで資格取得になります。

もし不採用になれば、実務経験5年以上あれば資格取得ができるようです。

介護福祉系の高校に通う

平成21年からできたもので、高校のカリキュラムに入れることで、卒業して筆記試験を受けることができます。

特例高校の場合には、9か月以上の実務経験を積みないといけません。

さらには、特例高校と旧カリキュラム(平成20年以前の場合)は、そのあとの介護実習か実務試験を受けてから、筆記試験を受けることになります。

実習してから取る

実務経験3年以上のある場合は、実務研修終了扱いになります。

だから、実務研修が免除となり筆記試験をそのまま受けることができて資格取得になります。

もしくは実務経験3年以上うある場合は、介護職員基礎研修プラス喀痰吸引等研修があれば、実務研修が免除となり筆記試験を受けることができます。

協会から取る

経済連携協定(EPA)プラス実務経験3年以上あると、介護技術講習と実務研修も受けることで、筆記試験を取れます

もしくは、介護技術講習と実務研修を受けない代わりに筆記試験を受けて、実務試験を受けて資格取得になります。

以上、介護福祉士の資格をちゅ得するには4つのパターンがありますので、あなたのやりやすい方法で取ることが良い地番だと思います。

なお、養成施設も卒業して平成33年までは国家資格がなくても場合、5年間は資格なしでも働けます。

この間に、国家試験の合格するか、継続してかいごの仕事を続けることで資格取得となります。

ですが、平成34年以降は国家資格がなければ仕事をすることがでいなくなります。

紹介してみると、取ることに大変さがあることが分かりましたが、今後の需要のある仕事になることがありません。

それは、高齢化社会のなって高齢者が増加することを考えればなくてはならないからです。

この機会に、介護福祉を目指すことを検討してみたはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です