介護福祉士とはどんな仕事なのか知りたい

あなたは介護福祉士は、どんな仕事だと思いますか?

ざっくりいえば介護を中心とした、生活をするためにサポートしていく仕事なのです。

今回は、介護福祉士の具体的な仕事内容を紹介していきます。

介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護をする仕事で唯一の国家資格です。

専門的な知識と高度な知識を身に付けたうえで、一人で生活していくには困難な人をサポートしてしていく仕事です。

入浴や食事、排泄など今まで当たり前にできていたことができなくなることは人間にとってはつらいものです。

だから、生活面だけではなく心のケアをしていかなくてはいけません。

高齢者からの気持ちをくみとって、「何をしてあげたらいいのか、どんなことをしてほしいのか」できることも大切なのです。

そして、喜んでもらったり感謝されることがこの仕事のやりがいの一つになるのです。

具体的にどんなことをするのか知りたい

介護をするといっても、さまざまなことをサポートしていくことになります。

実際にどんな仕事があるのか紹介していきます。

身体介護

入浴、着替え、歯磨き、排泄など一人で難しい高齢者のサポートをしていきます。

また、一人で歩くことが困難な人には、手を引いて歩いてあげたり車いすを使っての補助したりもします。

高齢者は、いつ何をしてかすか分からないので、常に行動を見守っていかなくてはいけません。

例えば、認知症や脳に障害がある人などは時に気を付ける必要がありますよ。

生活支援

食事や洗濯、掃除、買い物など生活するうえで必要不可欠なことをサポートしていきます。

体が弱っていくなかでも、少しでも笑顔で生活していけるようにしていくことが必要です。

そのためには、高齢者の気持ちを理解して、何をしてあげたら喜ぶか、どうしたらいいのか考えていくことが大切です。

心のケア・相談

高齢者の方は、やりたくても体が思うように動かなくてできないことが多いです。

だからこそ、精神的にダメージを受けています。

話し相手になってあげることや、レクリエーションなど交流に参加させることでも安心してもらえます。

そこから、介護者と家族に今後の方針を相談して決めていくことも、介護福祉士の重要な仕事に一つです。

「訪問介護計画書」の作成

訪問介護計画書には、訪問介護の方にどのようなサービスを提供していけばいいのか作成するものです。

ケアマネージャのケアプランを基に、サポートしていきます。

それを当事者と家族の方に、説明して同意してもらわなけれないけません。

紹介したように、介護福祉士の仕事は、高齢者の生活を第一優先して方針を決めていく重要な仕事なのです。

大変なこともありますが、やりがいのある仕事だと感じませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です