介護福祉士は楽な仕事といえない

あなたは、介護福祉士の仕事はどんなイメージがありますか?

高い技術と知識が求まられて、精神的に疲れて楽な仕事とは言えないのです。

だからこそ、アルバイトから始めてみることがオススメです。

今回は、介護福祉士の現状や働き方に迫っていきます。

介護福祉士は楽な仕事といえない

介護福祉士の仕事は決して楽な仕事ではなく、重労働といえます。

なぜならば、介護者は体が不自由で思う通りに動かないないから、付きっきりのサポートになるからです。

言葉が上手く話せない人には、何をしたらいいの考えてのサポートが必要になります。

高齢者も、介護されることには不安があります。

なんでもかんでもサポートされてしまうと嫌な気持ちになることもありますし、なるべく一人でやりたい人もいます。

高齢者の気持ちを考えて行動することも必要なのです。

初めて介護されることにストレスや不安を抱えている人もいます。

だからこそ、思いやりの気持ちも持って仕事をしていくことが求められるのですね。

介護施設は、全国で12万5千以上の施設があります。

その中には、軽度~重度の介護を必要としていて、施設によって分類されます。

大人一人を介護することは、予想以上の負担になります。

過去の病歴や通院歴、服用している薬、性格を資料を基にしてケアプランを作成してきます。

看護師や社会福祉士・介護福祉士などの職員が情報共有していかなければいけません。

情報が足りなければ、ご自宅に訪問してご家族に詳しく性格や楽しいことや嫌がることも聞いたりします。

高齢者が、より良い生活ができるようにサポートしていくのです。

そのためには、専門的な知識を活用していきます。

介護の中心に立つのが介護福祉士なのです。

だから、精神的にも疲れてあなたも使うので、楽な仕事とはいえなのです。

アルバイトから始めたほうがいい

介護業界は、圧倒的な人材不足になっています。

それは少子高齢化に伴って、利用者が増えて介護職員の仕事量が増えています。

仕事が増えることによって、精神的にダウンして辞めていく人も多くなっています。

さらには、平成28年度からは高度な技術と知識も身に付ける「実務者研修」が始まっています。

仕事内容も増えてまずます需要のある仕事になっているのです。

もちろん給料を高くなっていますが、最初から正社員で入ると予想以上のしんどさに辞めてしまう可能性が高くなります。

紹介したように、介護福祉士の仕事は高齢者に対する思いやりの気持ちを持って、サポートしていく高い技術と知識が求められます。

だからアルバイトから始めていくこともオススメです。

アルバイトなら、時給も高いこともあり働く時間も短いので、ちょっとは気持ちが楽になりますよ。

施設にとっては、資格取得費用を負担してくれたりもしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です