介護福祉士の年収ってれくらいなの?

あなたは、介護福祉士の年収はどれくらいだと思いますか?

国家資格のわりには、最初はあまりもらえません。

ですが、年々給料が上がっていく職業の一つです。

今回は、介護福祉士の年収や増え方に迫っていきます。

介護福祉士の給料はどれくらい

介護福祉士は、介護のなかでの唯一の国家資格です。

どんな仕事をすると思いますか?

介護全般的にするわけなのですが、具体的にいうと食事や入浴などの介護のサポートを主として、利用者や家族からの相談、生活で行き届かないための世話といったことになります。

ハッキリ言えば体力的な部分が多いかと思いますが、一番は高齢者の喜ぶ笑顔ではないしょうか?

では肝心の給料はどれくらいかと言いますと、年収は250万〜400万くらいです。

月収だと20~30万くらいになりますよ。

最初聞いたときは低いように思ってしまうかもしれません。

それは、体力面もしんどくて、国家資格でせっかくとってもその価値がないと思ってしまうようです。

確かに、これだけ見れば苦労した割には少ないように感じてしまってㇺ無理はないですね。

ですが、介護福祉士は年々昇給していく仕事でもあるのです。

低いように感じることもある

国家資格なので、残業代や休日手当、夜勤手当などはついていきます。

これらは、慣れてきたら付いてくるので給料が上がっていくのです。

最初は、どうして低いなと感じてしまうかもしれませんが、辛抱なのです。

もちろん、仕事がハードはことはありますが、ブラック企業なところはなく、忙しく働いたら休みをもらえることが多いです。

他種では、年数を重ねても上がらないことも多いですが、介護福祉士は年々上がっていきます。

そのためには、人を助けたいという気持ちが一番大事なのかもしれません。

もちろん、高齢者からの言われたことに腹の立つことや傷つくことがあると思います。

そこをどう乗り越えていくかってことも、この仕事の難しいことですね。

サービス業なので、やりがいを感字を見つけつつ、年収はそれに応じてくっついていると考えたほうがいいのかもしれませんね。

つまり、最初は低いように感じるかも知れないけど、年々上がっていくので仕事を続けていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です