介護福祉士は今後どうなるのか気になる

あなたは、介護の将来を考えたことはありますか?

介護福祉士は、介護をするうえでなくてはならない仕事です。

aiによって仕事が奪われていっている職業もあります。

今回は、介護福祉士の仕事や将来性に迫っていきます。

介護福祉士の仕事

介護福祉は介護のエキスパートの仕事です。

介護は、運動介護、生活介護、精神面のメンタルケア、相談・支援、チームマネージメント業務に分類されます。

これまで歩行や食事・入浴・排泄、歯磨きといった一人でできていたことが困難になるのです。

できなくなることで一番気を付けなければいけないことは、メンタルケアです。

やはり、一人でできていたことがサポートしなければ生活できなくなることはショックです。

食事が喉を通らなかったり、何をする気になるない高齢者も多いです。

少しでも、これまで通りのように生活できるようにサポートすることが大切です。

例えば、歩行が難しくからといって車いすで移動すのではなく、歩けるように練習やリハビリをして改善できることはしていくことが求められます。

精神状態が不安な方には、なるべくコミュニケーションを取ってあげたり、地域交流にさせることも大事なのです。

そのためには、一人一人の高齢者の気持ちを理解しなければいけません。

どういった介護をしていくのか、高齢者の通院歴や病歴、服用している薬、性格、などを基にケアプランを作成する。

情報が足りていないなら、自宅の訪問して家族に詳しく聞く。

それを職員一同で情報共有していくことが、より良い介護につながっていくのです。

その中心で働いていくことが介護福祉士の仕事なのです。

今後はどうなるの?

介護の業界は人手不足になっています。

その原因としては、少子高齢化が進んでいることで高齢者の増加や施設の足りていないことになっているのです。

将来、仕事が少しずつなくなっていくといわれています。

レジ打ち、工場、営業、ドライバ・・・

少しずつaiロボットに仕事を奪われていくといわれています。

2045年にはaiに仕事が支配されるともいわれています、介護福祉士の今後はどうなるのでしょうか?

介護は、aiがやれることはあります。

すでに、取り入れている施設もあります。

これにより、スタッフの仕事の負担が減っていることには間違いありません。

ですが、ロボットは人間のように、温もりがない嫌がる人もい多いのではないでしょうか?

介護は、心と心の通じ合いがあるからこそ人間がやることで意味があるのです。

だからこそ、仕事の軽減には役立ってくるとは思いますが、介護福祉士を含めた回以後の仕事がなくなることはないと考えられます。

介護するためには、思いやりの精神が必要です。

あなたの貴重な力を介護業界は求めているので、なってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です