介護福祉士になるには研修がふえた

介護福祉士の必要

今の日本は、少子高齢化になっています。

そして今後は3人に1人が高齢者で埋め尽くさてしまう日本になってくることが予想されています。

若年者の減って、高齢者の割合が増えることで仕事をする人が少なくなってしまいます。

日本は、若者が働いたお金が、高齢者の年金となって生活を支えています。

ですから若者のニーズは、これから増す一方なんです。

その一つの職業に「介護福祉士」がいます。

介護福祉士は、老人ホーにんずム・介護施設・老後施設など様々は場所で働くことができます。

しかし、紹介した少子高齢化の影響で働く若年者が減る一方で、高齢者が増えています。

だから、職員の人材不足になってご自宅で介護することを強いられている人もいるのです。

また、介護での事件や事故は、ニュースや新聞などでもたびたび取り上げられていて社会問題になっているのです。

職員の一人一人が、高齢者も大事することも自覚してもらおうと、介護福祉士の仕事の必要性もさらに増しています。

そのために、介護福祉士になるためにカリキュラムが増えたのです。

研修制度が増えた

平成28年度から介護福祉士になるためには、新たに3年実務者研修を受けなければいけことになったのです。

これは、実践的な知識や技術を目的に制定されたものです。

一人一人がしっかり、時間を持って仕事をできるように作られのです。

これによってできる仕事ができました。

それが、たん吸引と経管栄養です。

これまでに医師や看護師しかできなかったことが介護福祉士ができるようになったんです。

高齢者に寄り添った介護ができるようになったのではないでしょうか?

食事の時に、咳きこんだり飲み込めなかったりすることはよくあることです。

その時に、素早く対処できますね。

これは、人件費を節約する効果を期待できるのではないでしょうか?

実務者研修が増えたことで、介護福祉士になるための時間と費用が掛かってしまうようになったことも問題あります。

だから、国家試験合格率は増えたものの、なりたい人が減ってしまっているのです。

資格は取れる

以前は、資格を取るためには学校に通って取らなければいけなければいけませんでした。

めんどくさいし、時間が無駄という人も多かったのです。

最近では、資格を取るためにバックアップしてもらえる講座も増えてきています。

働きながらでも、自分ペースで取れて、費用も一部負担してもらえることで、取りやすくなりました。

また、施設によっては働きながら資格を取れるようにフォローもしてもらえるところもあります。

今後、介護福祉士の仕事は必要性が出るばかりです。

あなたの、力を介護業界で活かしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です