介護福祉士の合格率はどれくらいなの?

介護福祉士の合格率は気になりませんか?

合格率はアップしているものの、受験者数は減っています。

今回は、合格率の傾向と介護福祉士のニーズを紹介していきます。

合格率はアップしたが受験者数は減った

これからはの日本はご存知の通り、少子高齢化になっています。

子供が少なってきて、高齢者が多くなってきている現状にあります。

だから、生まれてくる子供が少なくなくなってきているので、日本の人口へ減少傾向になっています。

高齢者が増えてるということは、介護しなければいけない人が増えてくるということですね。

そこで、これからの仕事で重要になる一つが「介護」になります。

介護の国家資格には介護福祉士があります。

これからの需要が増えるようにも思えますが、今受験や数が減っています。

それは、資格を取得するために「実務者研修の受講」が必須になったからです。

時間と費用がかかることによって、受験者数が半分くらい減った傾向があります。

一方で合格率は、70%以上と以前よりも高くなっています。

資格を取ることが難しくなった現状

難易度が高くなったのではなく、時間と費用が掛かるように酔ったからです。

実務者研修が、加わったのは高い技術にして高待遇にしたことが大きな要因です。

最近の、高齢者の介護事故や管理問題などニュースでも取り上げられていることが多くなりましたよね。

これを改善するには高い技術が必要と考えられたのかもしれません。

実務研修は450時間と原則6か月もかかってしまうのです。

金額は平均10~20万くらいと決して高くはありませんが、習得する科目や実技が厳しくなっているようです。

なので、資格を取るために時間と費用が掛かることが受験者数が減っているのです。

しかし、紹介したように日本は少子高齢化社会になって、今もなお人手不足に苦しんでいる施設は多くあります。

だから、就職に困ることはないはないといえますね。

まとめ

  1. 筆記試験の難易度は変わっていないが、「実務者研修の受講」になった
  2. そのために受験者数は約半分になって傾向にあるが、合格率70%と高くなっている
  3. 実務研修は、高い技術の習得と高待遇にする狙いがあるが、450時間と原則6か月以上かかってしまう
  4. でも、少子高齢化のことを考えるとニーズがある職業の一つである

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です