介護福祉士のメリットとデメリット

介護福祉士の仕事にもメリット・デメリットがあります。

一長一短あることで、人によってとらえ方が違うことも当たり前です。

介護福祉士のメリット

国家資格

国家資格というブランドがあることは自慢できることですよね。

信頼性は厚く、賢そう、誠実そうな印象があります。

特に一度取得すれば免許の更新はなくて、ずっと使えます。

また、職場が変わったとしても、どこの施設でも使うことができます。

資格手当がある

介護福祉士の給料は20万くらい手取りが15万くらいのところもあります。

ですが、資格を取ることで給料の上乗せすることは可能です。

資格はいくつもあるので、資格ごとに手当てを付けることができます。

最近では、資格取得を補助してもらえる施設も増えてきているので、頑張り次第で給料はアップします。

管理職につきやすい

国家資格ということで、経験と実績を積み事で管理職に就くこともできます。

管理することで、誇りも持って仕事に取り組めることができて、やりがいも感じることができます。

役割分担を見なすことでも、仕事に効率化を図れることもあります。

仕事はたくさんある

介護業界は、人材不足になっています。

だから資格があれば未経験でもブランクがあっても就職できやすいです。

これからも少子高齢化でますます需要があって、仕事はたくさんあります。

介護福祉士のデメリット

給料が低い

前述のように資格手当がなければ、給料が低いといえます。

つまり仕事をしつつ資格をとるために勉強が必要になることになります。

給料を上げるには、実力ではなく常に勉強していかねければいけません。

責任感が重い

最近では、ニュースでも介護の時間や事故が多く取り上げらています。

その際に、誰が悪い、見ていなかったと罪のなすりつけあいにもなってしまうことで責任感が重いといえます。

人間関係が悪くなったり、連携のミスにもなりかねます。

疲れがたまりやすい

高齢者のベットの起き上りや入浴の際は、抱きかかえたり背負ったりするので力作業になります。

これが毎日の業務となると、疲れがたまりやすくなります。

疲れが抜けないままになって、倦怠感やだるさが残ってしまいます。

家庭と仕事の両立が難しい

結婚をすれば家事のことをして、仕事と両立が難しくなってしまいます。

さらには、両親の介護も必要になってくると、仕事を辞めてしまう人も多くなります。

その職業でもメリット・デメリットは必ずありますが、デメリットをどのように乗り越えていくことができるのかが仕事を続けていくために大切になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です