介護福祉士がデイサービスで働いてみる

デイサービスとは

自宅で介護される利用者が、昼間だけ過ごす場所がデイサービスです。

デイサービスでは、主に安心して過ごすことができるように身の回りのサポート、レクリエーションをします。

レクリエーションすることで、利用者が楽しい時間を過ごすだけではなく、認知症の予防にもなります。

無理にさせる必要はありませんが、できるだけ頭を使うことで、脳が活性化されて予防になるのです。

そうすると、自宅での介護する家族の負担が少しでも楽になりますよ。

リハビリの一環でもあり、医師・看護師・作業療法士・社会福祉士などの職員と協力して、介護福祉士としてサポートしていくことが大切になります。

デイサービスでの仕事内容

デイサービスでは、介護福祉がどんなサポートをしていくのか理解していなければ、利用者が安心することはできません。

利用者の送り迎え

昼間だけ、デイサービスで時間を過ごすことになって、介護者は送り迎えが必要になります。

介護者によっては、施設に行くのがしんどくて行きたくないという方もいます。

だからこそ、元気よく明るく声をかけることで気持ちが変わることもあります。

施設では、食事や入浴、着替え、排せつ、歯磨きなどのサポートもしていきます。

サポートして、楽しく過ごして「明日も明後日」もきたいと思ってもらえるようにすることが大切ですね。

精神面のサポート

施設の空気や雰囲気になじめない介護者もいます。

また、介護されることに不安や恐怖に持っている人もいます。

ですので、会話をして安心させなければいけません。

「どんな言葉をかけてあげるといいのか」「何をしてほしいのか」介護者の気持ちを考えてサポートすることが大切です。

レクリエーションをしたくない人もいますが、できる参加してもらうことで介護予防になります。

精神面のサポートからしていくことで、安心して楽しく過ごしてくことができますよ。

リハビリ

介護するのは、リハビリも兼ねています。

看護師が作成したケアプランも基に、介護福祉士ができることを考えていかなければいけません。

介護される前の生活になるべく近づけれるようにサポートすることが必要です。

その時、無理やりしても嫌がって、する意味が薄れてしまうので「リハビリを頑張りたい」と思ってもらうことが大切なのです。

デイサービスは、介護者と一日過ごす時間は短いですが、介護福祉士は何ができるのか、介護者の気持ちを考えてサポートをすることが求められるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です