介護福祉士になるには暗記も必要

介護福祉士は、介護する仕事です。

利用者の気持ちに寄り添った、思いやることが大事になります。

そのためには、国家資格を取るために暗記しなければいけません。

今回は、介護福祉士としてやるべきことや暗記する必要性に迫っていきます。

介護福祉士は国家資格

介護福祉士は、高齢者や体が不自由で手足が思うように動かなくてサポートを必要としている人を介護する仕事です。

そのためには、サポートするだけではなくQOL(生活の質)を考えていきながら、ケアプランを作成することも大切になります。

どうしたら毎日が少しでも楽しく・喜んでもらえるかも考えなければいけません。

職員の方と協力して、過去の通院歴や病歴、性格などを知っておくことが必要です。

また、分からなければお宅訪問して、ご家族の方に具体的に聞いたりすることもあります。

また、利用者が不安なことや悩みなどにも耳を傾けてあげたり、会話をしてあげることでリラックスして・安心して生活することができます。

このように介護を中心として仕事する職種が介護福祉士です。

介護福祉士は、介護の中での唯一の国家資格になるのです。

思いやりが大事

介護福祉士に求められることは、利用者の立場にあったサポートができる思いやりに気持ちが大事になります。

利用者は、思っている以上に不安や悩み、恐怖感があります。

知らない介護施設や、老人ホームで生活するわけでもです。

思い通りに体が動かない、話すことができない高齢者のために何ができるのかを考えて行動しなkれ場いけません。

例えば、食事の時もつっききりでサポートしなければいけないのか、一人で食べたほうがリラックスしてもらえるのか分かってあげなければいけません。

また、専門的な知識からも指導することが必要です。

資格を取るためには暗記が必要

介護業界では、資格がなくても「ヘルパー」として働くことができます。

しかし介護福祉士は国家資格です。

人の尊重や精神などの知識は、暗記して覚えていかなければいけません。

知識に欠けていたら、具体的な方針を考えることができずに、利用者を不安にさせることにもつながります。

暗記して、国家資格に合格して実技試験も突破することで「介護福祉士」になることができます。

ペルパーと介護福祉士ではできることも違ってきますし、国家資格なるためには暗記していくことが必要になります。

そして、利用者を安心して見てもらえるように思いやり気持ちも身に付けていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です